事故車 自動車 引き取り

自慢の愛車をガードレールや電柱など、
対物でぶつけてしまったらあなたはどうしますか?

 

通常であれば、まず加入している任意保険を使って修理の見積もりを行い、
修理金額の算出を行った上で、修理を行うことが多いのではないでしょうか。
しかし任意保険の対物保証は免責事項で自己負担も多いのも事実です。
ということは翌年の等級も下がり、保険料はグッと上がります。
最近では、対物保険を使用すると3等級もダウンする場合もあるようです。

 

ぶつけてしまったとは言え、走行性能には全く問題がないのに
自己負担で修理なんてとてもとてもという状況ですよね。
ちょっと凹んでいるけど、そのまま走っている車もよく見かけませんか?
リアやフロントの角が大きく凹んでいたり、
ボコっと凹んだまま修理をせず走っている車。
修理費用を考えると、修理にはなかなか踏み出せない。

 

でもちょっと待って下さい。
保険で修理を行うのであれば、買い替えを検討されてはいかがでしょうか。
特にそろそろ車検の時期に差し掛かっているのであれば、
修理代金を考えてもメリットも大きい場合があります。

 

見積の際に凹んでしまった部分のマイナスの査定はあるかもしれませんが、
修理費用を考えると、査定時のマイナスのほうが
結果的にはお得になる場合もあるようです。

 

また、消費税アップの影響もあり中古車市場は車が足りない状況にあります。
車が足りないということは、中古車の買取の金額は高くなる傾向があるようです。

 

買換を考えた場合に、今の車の下取りはどうしようとお考えでしょうか。
通常であれば、新車を購入するディーラーで下取りを行うことが多いと思います。
ですが、ディーラーさんで言われるがままの下取金額の提示は
本当にあっているのか、適正金額か判断は厳しいと思います。

 

では、適正金額は一体いくらが正しいのか、ディーラーさんの提示金額が正しいのかを判断するには
一括見積もり査定のカービューを利用するのをおすすめします。
事前に複数の買取業者から見積書を取り寄せておくことで、
愛車の買取価値を把握することができ、
ディーラーさんでの新車購入の際の商談の価格交渉にも有利となります。
しかも買取価格の見積もりは、メールで簡単に取り寄せが可能なんです。

 

このような一括見積もりサービスを最大限に利用し、
お得に新車をゲットしましょう!これであなたの愛車もピカピカです!